2017年5月19日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

王毅部長、中国側の重大な懸念の適切な解決を韓国側に求める

人民網日本語版 2017年05月19日14:42

外交部(外務省)ウェブサイトによると、中国の王毅外交部長(外相)は18日、韓国大統領特使の李海●(王偏に賛の夫がそれぞれ先)氏と会談した。王部長はTHAAD問題における中国側の原則的立場を全面的に明らかにしたうえで、中国側の重大かつ理に適った懸念の適切な解決を韓国側に求めた。李氏は「韓国側はTHAAD配備が韓中の相互信頼及び交流にもたらした損害を認識し、中国側の理に適った懸念を十分に理解している。誠意をもって問題の適切な対処法を探りたい」と表明した。中国新聞網が伝えた。

王部長は「韓国の文在寅大統領が就任後すぐに『一帯一路』(the belt and road)国際協力サミットフォーラムに政府代表を派遣し、習近平国家主席の打ち出した『一帯一路』イニシアティブを支持し、本日また李氏を特使として中国に派遣したことは、韓国新政権が中韓関係を非常に重視し、両国関係の早期改善を切に望んでいることを示している。中国側はこれを称賛する」と表明した。

王部長は、THAAD問題における中国側の原則的立場を全面的に明らかにしたうえで、中国側の重大かつ理に適った懸念の適切な解決を韓国側に求めた。また「中国側は韓国側を含む各国と共に努力し、より的確で実効性ある措置を講じ、朝鮮半島核問題の対話による解決を堅持したい。朝鮮半島の平和・安定を揺るぎなく維持したい」と述べた。

李氏は「韓中は互いに重要な隣国であり、各分野の交流・協力は緊密だ。韓中関係の発展は朝鮮半島、さらには北東アジア地域の平和と安定の発展にとって重要な意義を持つ。韓国側は対中実務協力を強化し、両国の戦略的パートナーシップの前向きな発展を推し進めたい。韓国側はTHAAD配備が韓中の相互信頼及び交流にもたらした損害を認識し、中国側の理に適った懸念を十分に理解している。誠意をもって問題の適切な対処法を探りたい」と表明した。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年5月19日

関連記事

コメント

最新コメント