2017年5月16日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

「一帯一路」国際協力サミットフォーラム、270件余りの成果

人民網日本語版 2017年05月16日15:02

「一帯一路」(the belt and road)国際協力サミットフォーラムは15日、2日間の日程を終えて閉会した。フォーラムは実り豊かな成果を収め、協力協定に署名し、協力事業で合意し、協力措置を打ち出した。これを基礎に、政策の意思疎通、インフラ施設の連結、貿易の円滑化、資金の調達、民心の通じ合いの5大分野で、計270件余りの具体的成果をまとめた。新華社が伝えた。

■戦略の連携を推進、政策の疎通を緊密化

▽中国政府はモンゴル、パキスタン、ネパール、クロアチア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルバニア、東ティモール、シンガポール、ミャンマー、マレーシアなど関係国政府と「一帯一路」協力覚書に調印した。

▽中国政府は国連開発計画(UNDP)、国連工業開発機関(UNIDO)、国際連合人間居住計画(UN-Habitat)、国連児童基金(UNICEF)、国連人口基金(UNFPA)、国連貿易開発会議(UNCTAD)、世界保健機関(WHO)、世界知的所有権機関(WIPO)、国際刑事警察機構(ICPO)など関係する国際組織と「一帯一路」協力文書に調印した。

▽中国財政部(財務省)は関係国財務省と共に『「一帯一路」融資指導原則』を承認した。

▽「一帯一路」国際協力サミットフォーラムは定期的に開催するとともに、フォーラム諮問委員会、フォーラム連絡事務局を設置する。

■事業協力を深化、施設の連結を促進

▽中国政府はウズベキスタン、トルコ、ベラルーシ政府と国際運輸及び戦略連携協定に調印した。

▽中国政府はタイ政府と原子力平和利用政府間協定に調印した。


【1】【2】【3】

関連記事

関連特集

コメント

最新コメント