2017年5月16日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

日本のドラマのリメイク版が中国で受けない理由は「完全コピー」だから?

人民網日本語版 2017年05月16日15:19

今年に入り、日本のドラマが中国でリメイクされるケースが増加しており、日本映画やドラマのファンは、リメイクされると「原作本来の面白さ」が薄れてしまうのではと心配している。ところが、それらリメイク版は完全コピーの「コスプレ作品」という、逆の極端な道を歩んでおり、「これはリメイクではなく『翻訳』だ」とツッコミを入れるネットユーザーもいる。(文:胡広欣。羊城晩報掲載)

細かな点まで完全コピー

原作に忠実であるか、大幅に変えるかという難しい選択において、中国でリメイクされるほとんどの作品が前者を選んでいる。中国版「プロポーズ大作戦」の「走るシーン」や、「デート~恋とはどんなものかしら~」のヒロインの「アヒル口」など、リメイクでは細かな点まで「コピー」されている。現在公開中の中国版「家族はつらいよ」も原作に「忠実」で、ストーリーの基本構成、人物設定、笑いどころなどまでが再現されている。このような100%コピーのリメイク版は中国の観客の心をつかむことはできておらず、あるネットユーザーは、「中国版が日本版を100%コピーしているなら、日本版を見たほうがいいよね?」との声をあげている。


【1】【2】【3】【4】

関連記事

コメント

最新コメント