2012年10月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:33 Oct 23 2012

英専門家:睡眠時の姿勢で分かる性格の違い

 英国のボディーランゲージ専門家、ロバート・フィリップス氏はこのほど、睡眠時の姿勢からその人の性格が分かるとする研究結果を発表した。同氏によると、睡眠時の姿勢は(1)胎児型(2)丸太型(3)渇望型(4)フリーフォール型の4種類に分けられる。中国日報が報じた。

 ▽胎児型

 胎児型で寝ていると答えた人は回答者の半数以上に達し、4種類の中で最も多かった。母親のおなかの中で眠る胎児のように背中を丸め、ひざを曲げ下を向いて寝るタイプ。フィリップス氏によると、このタイプは心配症の人が多く、背中の曲がり具合が強ければ強いほど癒しを求めているという。

 ▽丸太型

 丸太型は胎児型の次に多く、身体を横に向け、両手をまっすぐ下に伸ばして寝るタイプ。このタイプの人は頑固で、頭が固い人が多いという。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古