2012年10月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:33 Oct 18 2012

オフィスワーカーは「オフィスヒップ」に要注意

 上半身は変わらないのに、ヒップや太ももばかりますます太くなる----。このような「洋ナシ型」体型の人が近頃ますます増えている。英国のある専門家はこれを「オフィスヒップ」と呼ぶ。英デイリーメールの報道によると、これは全て運動不足と栄養バランスの偏りによるものだ。西寧晩報が伝えた。

 最近の研究により、運動不足の人は臀部の筋肉が萎縮し、張力が弱まり、たるみやすいことが分かった。この結果、背中下部から膝、足首などの痛みを招き、運動能力に影響がおよぶ場合もあるという。

 イスラエル・テルアビブ大学の研究によると、長時間座ってばかりいる人は、臀部の筋肉組織の中にぶ厚い脂肪層が形成され、しかも脂肪が体積されるスピードは正常な脂肪細胞の2倍であることが明らかになった。

 自分が「オフィスヒップ」であるかどうか、確かめる方法は次の通り。

 ベッドにうつぶせになり、片方の膝を直角に曲げ、足の裏を天井に向ける。臀部の筋肉に力を入れつつ、ゆっくりとその足を床から約12センチほどの高さに持ち上げ、そのままの姿勢をキープする。もし30秒間この姿勢が維持でき、臀部の筋肉が緊縮していると感じるだけであれば、正常だ。もし足がふらついたり、足や背中が張っているようであれば、臀部の筋肉の機能に問題が生じており、「オフィスヒップ」になりやすい状態だと言える。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年10月18日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古