2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:33 Jun 15 2012

南極観測隊、南極ドームAで120メートル深の氷床コア採取

 中国第28次南極科学観測隊は14日、気温マイナス38.7度、気圧576ヘクトパスカルという環境の中、南極内陸部の氷床最高地点・ ドームA地区にある崑崙基地(海抜4093メートル)で120メートルの氷床コア採取を完了した。氷床コアの掘削は今後も続けられ、最終的には数年間かけて深さ3千メートルの氷床コアを採取する計画。中国新聞社が伝えた。

 資料によると、氷床コア掘削施設は氷床コア掘削システム、ウインチシステム、コントロールシステム、サポートシステムなどから構成される。うち、氷床コア掘削システムは長さ12.25メートルで、1回につき長さ3.8-4メートル、直径9.5センチの氷床コアを採掘することができる。掘削システムのケーブルの長さは4千メートルで、深さ4千メートルの氷床コアを取得する能力を備えている。

 崑崙基地第二期建設では現在建物周囲のパネルを設置しており、すでに4分の1は完成している。中国が自主開発した無人光学望遠鏡はすでに設置が完了し、現在設備の調整が行われている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年1月16日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古