2011年8月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:38 Aug 23 2011

中国 今年と来年で天宮1号と神舟3隻を打ち上げ

 宇宙専門家約100人が5年をかけて編纂した「中国有人宇宙飛行科学普及叢書」の出版記念式典が15日午後、北京で行われた。中国新聞社が伝えた。

 中国有人宇宙飛行プロジェクト弁公室の楊利偉副主任は式典に出席し、「中国は今年と来年で、宇宙ステーション実験機(ドッキング目標機)『天宮1号』と宇宙船『神舟』3隻を打上げて宇宙空間でのランデブー・ドッキング実験を行い、宇宙ステーション建設にむけた重要な基礎を固める。将来的には、中国の宇宙飛行士が長期的に宇宙に滞在し、さらなる深宇宙への探索を進めていく」と述べた。

 また、中国航天科技集団公司の袁家軍副総経理は、「中国は2020年をめどに60トン級の有人宇宙ステーションを建設し、長期的に人が滞在して行う比較的大規模な宇宙科学実験と活動を行っていく」と述べた。

 中国有人宇宙飛行プロジェクトは1992年に始動して以来、これまでの19年間に4度の無人宇宙飛行と3度の有人宇宙飛行に成功、6人の宇宙飛行士を宇宙へ送り込んだ。その間、宇宙飛行士の人数・滞在日数は1人・1日から複数人・複数日へと拡大し、宇宙での活動も船内活動から船外活動へと飛躍を遂げた。中国は、独自の有人宇宙飛行技術を掌握する世界第3の国となった。

 計画によると中国は今年第3、第4四半期に天宮1号と神舟8号を打上げ、中国初となる宇宙空間でのランデブー・ドッキング実験を行う。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年7月18日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古