2012年2月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:28 Feb 10 2012

中国で中小企業の経営難続く、倒産ラッシュの兆候はなし

 国務院新聞弁公室が7日に開いた会見で、工業情報化部の朱宏任総工程師は、「2012年も中小企業の経営難が予想されるが、深刻な資金ショートや連鎖倒産が起こる心配はない」と述べ、政府が一連の支援政策を実施し救済にあたると約束した。中国証券報8日付で伝えた。

 朱総工程師は「10年の第4四半期(10-12月)以降、生産コストの上昇、融資難、利息調整、国際環境の悪化などが引き金となって経営難に陥る中小企業が増えた」と述べ、特に零細企業の経営不振について、党中央や国務院も深い関心を寄せていることを明らかにした。
  
 また同部は11年初めから国務院の指示の下、中小企業向けの支援政策を展開しており、先日行われた常務会議では中央財政から毎年30億元を5年に渡り拠出する150億元規模の中小企業発展基金の創設が決定したばかりだ。
    
 このほか15年までに中小企業向けサービス窓口を4000あまり設け、このうち500カ所を国家レベルの公共サービス窓口として重点支援する。さらに零細企業の発展支援を目的とした就業支援施設を設けるなど、財政面を中心に様々な方向から中小企業の発展を支援していく方針だ。

 新華網日本語版 2012年2月10日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古