2011年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:08 Dec 01 2011

ハイアールが三洋買収、白物家電の主導権は中国に

 海爾集団(ハイアール)は7月29日、日本の三洋電機株式会社の日本と東南アジア地域における洗濯機・冷蔵庫などの白物家電事業を買収すると発表した。

 東南アジアを拠点に世界進出を目指す

 業界内では、今回の買収はハイアールが日本と東南アジア市場に参入する基盤になると見られている。買収額は明かされていないが、約100 億円に上るとの報道もある。

 家電業専門家の羅清啓氏は取材に対し、「現在の世界の白物家電企業はヨーロッパ、日韓、中国の3地域に分かれている。世界の白物家電の供給、製造から卸売り、消費の全てのサプライチェーンはハイアールが展開していくことになる。これは恐らく、今後の世界の白物家電産業の構造調整の基本的な原動力になるだろう」と話した。

 日本の家電企業は赤字計上

 ハイアールが三洋電機を買収することで、日本の家電大手は中国でそろって惨敗の運命を辿ることになる。

 統計によると、パナソニック、東芝、日立、ソニー、シャープ、三洋は2011年第1四半期に大幅赤字を発表している。ここから、東日本大震災は日本の家電製造業に大きな打撃を与えたことがわかる。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古