2011年11月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:08 Nov 22 2011

在米中日留学生数の推移、国力の変化を暗示 (2)

 米国に留学する日本人学生が激減したことで、日本社会は危機感を抱いている。「科学技術分野で世界をリード」してきた日本で、今後、優秀な人材が絶えるのではという心配が生じるようになった。野依良治氏や小林誠氏などノーベル賞を受賞した科学者が続々とコメントを発表し、かつての一流の経済大国から二流に成り果てた日本だが、科学技術の分野では先進国から発展途上国に成り下がることのないようにと訴えた。日本の各研究機関・大学に所属し、海外で研修している研究者は現在3739人と、ピークを迎えた2000年の7374人から半減した。

 ハーバード大学に在籍している外国人留学生は663人、うち日本人はわずか5人、中国人は36人、韓国人は42人。また、米国の各大学で学ぶ日本人留学生約2万人のうち、大学院修士課程以上で学ぶ学生の割合は21%のみ。在米中国人留学生約15万人のうち、大学院修士課程以上で学んでいる学生は52%を上回る。人数の面でも、専攻学位レベルの面でも、日本は中国に後れを取っている。日本の財界と科学技術界は、この事実を極めて重く受け止めている。留学生はある意味において、将来の発展に対する評価指標となり得るからだ。

 東海大学の葉千栄教授は「米国経済は低迷状態から抜け出せていないが、米国から誕生する新しいビジネスモデルや科学研究は、世界各国の経済と市場に大きな影響力を持っている。日本もその例外ではなく、国際経済における日本の地位や科学研究力に対して米国が及ぼす影響を決して軽視できない」との見方を示した。海外留学人材が途絶えることについて日本が心配をめぐらす先には、日本の発展が今後失速してしまうのではという懸念がある。

 日本は、米国に留学する留学生が減少していることは、日本の若者の「米国離れ」を招くのではと心配している。さらにロングスパンで見ると、日米同盟の基盤がぜい弱化するのではという憂慮も生じる。米国に留学する中国人学生と日本人学生の対照的な現状の背後には、「世界における日本の地位の変化」がはっきりと浮き彫りになっている。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年11月22日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古