2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:56 Jun 15 2012

野田首相、大物起用で改革推進を図るも国民の賛同は得られず (2)

 内閣改造前の打診時、岡田氏は副総理就任について、小沢一郎グループの反発を懸念して慎重姿勢を崩さなかった。メディアにも副総理就任は「小説の世界だ」と答えていた。輿石東幹事長に説得されてようやく就任に同意したのは、改造前日の夜だった。

 一体化改革の推進は、すでに与野党各党の幹事長が協議しており、議員定数の削減、国家公務員の給与引き下げについても、政調会長レベルで各党の協議が始まっている。民主党議員は「岡田氏の起用で改革への野田首相の決意は伝わってきたが、岡田氏が具体的に何をやるのかはまだ不明だ」と非公式な場で述べた。「消費税問題は非常に難しく、首相一人では推進できないので、岡田氏は楯にされたのかもしれない」とする報道もある。

 ■内閣支持率も上がらず

 今回の内閣改造では5大臣が交代し、残る12人が留任した。野田首相は最強の布陣と表明したが、共同通信が13、14両日に行った全国緊急電話世論調査では、内閣支持率は35.8%にとどまり、7、8両日の前回調査からわずか0.1ポイント上昇しただけだった。

 読売新聞の世論調査でも支持率に回復傾向は見られず、内閣改造を「評価しない」が49%で、「評価する」は35%にとどまった。内閣改造による政権基盤固めという野田首相の狙いは、まだ効を奏していないようだ。野田首相が断行を決意している消費税増税についても、「国会議員の定数と国家公務員の給与を削減しないのなら、増税すべきでない」との回答が79.5%に上った。(編集NA)

 「人民網日本語版」2012年1月18日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古