2011年12月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:17 Dec 30 2011

呉邦国委員長が野田佳彦首相と会談

 呉邦国全人代常務委員長は26日、人民大会堂で日本の野田佳彦首相と会談した。

 呉委員長は「国交正常化後の39年間、中日関係は幾度も曲折を経ながらも、全体的に前進を続けてきた。4つの政治文書によって両国関係発展の原則が定められ、中日関係の政治的基礎が打ち固められた。経済・貿易・地方・人・文化分野の交流と協力はかつてない水準に達し、両国および両国民に重要な利益をもたらし、アジアと世界の平和・安定・発展にも貢献している」と指摘。「中日関係はすでに二国間関係の範疇を大きく超えており、中国側はこれを非常に重視している。来年は中日関係にとって重要な意義をもつ1年だ。双方は時代の潮流に順応し、中日関係発展の大きな方向性をしっかりと把握し、たゆまず政治的相互信頼を強化し、各分野の交流と協力を強化し、国交正常化40周年と『中日国民交流友好年』活動の成功に努め、両国民の相互理解と友好感情を強化し、中日戦略的互恵関係の健全で安定な道に沿った、たゆまぬ前進を促すべきだ」と強調した。

 野田首相はまず、東日本大震災時の中国政府・国民からの貴重な支援に謝意を表明。「日中は一衣帯水の隣国だ。中国は世界第2位、日本は世界第3位の経済大国だ。中国の発展は日本を含む国際社会にとってチャンスであり、地域さらには世界の平和、安定、発展にもプラスだ。中国側と共に、日中国交正常化40周年を契機に政府、議会、政党、地方、特に青年間の友好交流を一層強化し、日中関係のたゆまぬ前進を図りたい」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月27日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古