2011年12月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:06 Dec 26 2011

胡錦濤主席と野田佳彦首相が北京で会談

 胡錦濤国家主席は26日午前、人民大会堂で日本の野田佳彦首相と会談した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 胡主席は「この1年、中日関係は全般的に積極的な発展基調を呈した。9月に日本で新内閣が発足すると、両国関係は良好なスタートを切った。中日両国が平和・友好・協力の道を歩み続け、戦略的互恵関係をたゆまず打ち固め、発展させることは、互恵・ウィンウィンと共同発展の実現にも、アジアと世界の平和・安定・発展・繁栄にもプラスだ。来年両国は国交正常化40周年を迎える。日本側と共に中日友好の旗を高く掲げ、各記念行事や『中日国民交流友好年』活動の計画・実施に入念に取り組みたい。中日間の4つの政治文書の原則および双方間の一連の重要な共通認識に従い、歴史を鑑として未来に向かう精神に基づき、政治的相互信頼を強化し、交流・協力を拡大し、中日戦略的互恵関係の新たな局面を共に切り開きたい」と表明した。

 野田首相は「中国の発展は日本と世界にとってチャンスだ。国交正常化後の40年間で、日中関係は飛躍的発展を遂げた。両国間の貿易や人的往来は大幅に伸び、両国政府は日中間の4つの政治文書の精神に基づき、両国関係の前進に努めている。2008年の胡錦濤主席訪日時、双方は日中戦略的互恵関係の一層の発展について重要な共通認識にいたった。来年の日中国交正常化40周年を契機に、政治的相互信頼とハイレベル交流を強化し、両国民間の交流を促すべきだ。経済的互恵関係を引き上げ、経済、貿易、環境、金融、観光分野の協力を強化し、アジア太平洋地域の平和・繁栄を促し、日中戦略的互恵関係をたゆまず深めるべきだ」と表明した。

 朝鮮半島情勢について胡主席は「朝鮮の安定と発展、朝鮮半島の平和と安定の維持は、関係各国共通の利益であり、国際社会共通の期待でもある。日本を含む関係各国と共に、朝鮮半島の平和・安定維持、朝鮮半島と北東アジアの長期的平和・安定のために努力したい」と述べた。

 野田首相は「朝鮮半島情勢の新たな変化を前に協力を強化し、朝鮮半島の平和・安定を守ることは日中共通の利益になる。中国側と意思疎通を継続したい」と述べた。

 会談には楊潔チ外相らも同席した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年12月26日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古