2012年9月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:30 Sep 12 2012

「中日民事訴訟法改正の比較研究」国際シンポ、北京で開催

 清華大学(北京)法学院民事手続き法研究センターと日本の現代アジア法研究会が共催する「中日民事訴訟法改正の比較研究」国際学術シンポジウムが7日、開催。中国の全国人民代表大会常務委員会・法制工作委員会や最高人民法院(裁判所)、日本の関連機関、大学などの専門家、学者40人以上が出席した。中国紙「法制日報」が報じた。

 開幕式では、中国民事訴訟法学研究会の会長を務める張衛平・清華大学法学院教授や最高人民法院研究室民事処の黄建中・副処長、日本からの来賓らがそれぞれあいさつを述べた。

 シンポジウムでは、前出研究会の常務副会長を務める李浩・南京師範大学法学院教授や慶応義塾大学の三木浩一教授らが基調報告を行った。さらに、中日両国の学者や弁護士は中国の民事訴訟において、各自が注目している問題に関して意見を交わした。(編集KN)

 「人民網日本語版」2012年9月12日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古