2011年11月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:18 Nov 23 2011

中国の在米留学生が増加、日本は激減 メディア「実力の変化」

 米国国際教育研究所(IIE)の発表によると、2010-11年度生の米国の大学に在籍する日本人留学生の数は前年より14.3%減少、10年前の半分以下になり、7位に順位を落とし、2年続けて1位の中国とは対照的となった。米華字紙「僑報」が伝えた。

 1990年代に堂々の1位に立っていた日本人留学生は6年続けて減り、中国の7分の1まで減少した。「小さな予兆から物事の発展の大勢を予測できる」と言われるように、中国と日本の在米留学生の一方が増加し一方が減少するという状況は、両国の実力の微妙な変化を暗に示している。

 経済力の高まりに伴い、中国の多くの家庭が米国留学にかかる高額費用を支払えるようになっている。中国において、留学は一種の流行で、大学とくに有名校では海外留学する学生が急増し、留学はごく一般的なことになった。これも中国社会が開放的になり、人々の考え方が進歩したことと関係している。

 一方、日本を見てみると、少子化により学生数が減少し、20年に及ぶ不景気で留学に投資する能力と意欲はともに低下している。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古