政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年07月14日17:58 (北京時間) 文字

中国ビール3大手、ホルムアルデヒド添加を否定


  あるメディアがこのほど、読者の投稿に基いて「95%のビールにホルムアルデヒドが添加されている」という記事を発表し、大反響を巻き起こした。国内3大メーカーの燕京ビール、華潤雪花、青島ビールの3社は13日、この風説を強く否定した。京華時報が伝えた。

  燕京、華潤雪花、青島の3社は、京華時報の記者の取材に対し、期せずして同じように答えている。3社は2002年、生産工程でのホルムアルデヒド添加をやめ、原価がより高いシリカゲルや、PVPP(ポリビニルポリピロリドン)などに切り替えている。

  華潤雪花ビールの候孝海市場総監は、京華時報に特に書面でコメントを寄せた。コメントによると、まず、ビールの生産工程で添加されるホルムアルデヒドは補助薬剤であり、ビール完成品のホルムアルデヒド含有量とは直接関係しない。第二に、醸造過程では、ビールそのものからも、ホルムアルデヒドが生成される。

  華潤雪花ビールの見解は、燕京と青島ビール両社も支持している。燕京ビールの関係者は取材に対し「ビールの生産過程でのホルムアルデヒド添加は、マスコミが二年前に一度、非常に詳しく報道したことがあり、各企業は次々と自粛しはじめた」と語った。中国には今のところ、ビールに含まれるホルムアルデヒドの量に関する基準はないが、国際的な衛生機関は飲用水について、ホルムアルデヒドの上限値を1リットル当たり0.9ミリグラムと規定している。燕京ビールの場合、ビールの生産工程で酵母が生成するホルムアルデヒドの量を、同0.3ミリグラム以下に厳格に抑えているという。

  青島ビールの広報担当の孟祥領氏は、「メーカーが生産工程でビールにホルムアルデヒドを添加すると、化学反応により綿状の物質の沈殿を防げる。(添加の)目的はビールの見栄えをよくするためだ。ホルムアルデヒドは原価は安いが人体に及ぼす害が大きい。一部の小規模なメーカーはホルムアルデヒドを使っているかもしれないが、青島ビールでは早い時期からホルムアルデヒドを添加剤として使うのをやめた」と話している。(編集CS)

  「人民網日本語版」2005年7月14日



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp