政治 経済
社会 科学技術
国際 中日飛鴻
北京 天津
上海 重慶
黒竜江 吉林
遼寧 内蒙古
河北 山西
山東 河南
江蘇 浙江
安徽 福建
江西 湖北
湖南 広東
広西 海南
四川 貴州
雲南 西蔵
陜西 甘粛
青海 寧夏
新疆 香港
澳門 台湾


 
  更新時間 :2005年05月26日13:51 (北京時間) 文字

中国、鳥インフルエンザの新型ワクチン開発に成功


  中国はこのほど、鳥インフルエンザの新型ワクチンの開発に成功した。水鳥・家きん・哺乳類・人などへの鳥インフルエンザの感染を断つことができるという。国家禽流感(鳥インフルエンザ)参考検査室が25日明らかにしたところでは、H5N1亜型鳥インフルエンザ向けに開発された2種類の新型ワクチンがこのほど、科学技術部と農業部の合同審査に合格し、国家の使用許可を獲得した。

  新型ワクチンのテスト結果では、ワクチンは水鳥に対する効果が高く、ワクチン接種後の水鳥は鳥インフルエンザへの感染を完全に防ぐことが証明された。これにより、水鳥から家きん・哺乳類・人などへの感染ルートを断ち切ることができる。

  青海省剛察県でこのほど渡り鳥の一部が死に、国家禽流感参考検査室によりH5N1亜型鳥インフルエンザと確認された。これを受け、新型ワクチン数百万本がすでに同県と周辺地域に緊急輸送されるなど、鳥インフルエンザの厳重な感染対策が進められている。

  剛察県で死んだ渡り鳥の一部は、東南アジアから飛来したとされる。資料によると、東南アジアでは2003年以降、鳥インフルエンザウイルスの感染で50人以上が死亡している。(編集SN)

  「人民網日本語版」2005年5月26日

  



BBS 印刷版 編集部へ

お名前:
内容
  利用上の注意

1.利用者は中華人民共和国の関連法律・法規を順守し、ネット上のモラルを守り、利用者自身の行為に起因する直接、間接のあらゆる法的責任を負うこと。
2.書き込み内容の取り扱いに関する一切の権限は人民網が有します。
3.人民網は、人民網掲示板に発表された文言を本WEBサイト上へ転載、引用する権限を有します。
4.利用者は上述の規約に同意したものと見なします。
5.ネット管理についてのご意見は、管理人あるいは人民日報網絡中心にお寄せください。

広告 リンク集 about us サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8359  MAIL:info@peopledaily.co.jp